神戸臨床薬理研究会とは

 

■目的

神戸臨床薬理研究会は、精神科のクリニックに所属する医師を対象に、うつ病、不眠症、不安障害、アルツハイマー型認知障害などの新規治療薬の研究開発及びそれに関わる知識の修得、勉強会、情報交換、研究成果の発表などの活動を行っています。研究活動は、治験に興味がある患者さん、診療所に所属する精神科医師、製薬企業などと連携して行っています。本研究会の活動により、治験などの成果を活用し、精神医療の向上を目指しています。
<主な対象地域>神戸市を中心に関西全域(兵庫県、京都府、大阪府、滋賀県、奈良県、和歌山県)

 

■事業内容

・臨床精神薬理に関する勉強会、共同研究

・臨床試験、市販後調査に係わる情報交換会

・臨床試験、市販後調査への参加

・学会における研究成果の発表、論文投稿

新着情報

2012年6月 ホームページをリニューアルしました